MCOについて

三木室内管弦楽団(MCO)は1985年に結成されたアマチュアオーケストラで、兵庫県三木市を拠点に置き、神戸市や小野市を含むエリア内で、年2回の定期演奏会を中心に活動しています。これまで、若手プロ演奏家をソリストに招聘したさまざまな協奏曲や、古典派、ロマン派の交響曲や近現代の作品などの室内オケの枠を超えた曲目にも意欲的に取り組んでいます。

また、団内で管楽器や弦楽器の小編成アンサンブルを自主的に結成し、室内楽演奏会の開催や、グレイター西神音楽祭、緑が丘公民館でのイベント(公民館祭り、クリスマスコンサートなど)、児童館や老人施設での依頼演奏会など地域に密着した音楽活動も行っています。
 
今後も「上手い下手ではなく、音楽を心から愛し、共に演奏する喜びを分かち合う」という基本理念のもと、市民の皆様に気軽に本物の音楽を楽しめるひとときをご提供 し、 三木市に音楽の根を根付かせることを目標に、そして音楽を始めた子供達にとって憧れのオーケストラとなるべく努力を続けています。

指揮者

     小林 大輔

​      Daisuke Kobayashi

 

 

兵庫県姫路市出身。大阪音楽大学作曲科卒業後、桐朋学園大学で指揮を学ぶ。

 第34回霧島国際音楽祭において下野竜也、高関健の各氏に師事。

 2012年、International Jarvi Summer Festivalにオーディションを経て参加者に選抜され、ネーメ・ヤルヴィ、パーヴォ・ヤルヴィ、レオニード・グリンの各氏に師事。期間中、エストニアのテレビ局のインタビューを受けコンサートがテレビ中継された。

 2011年、井上道義、広上淳一両氏の指揮者講習会では優秀者としてリレーコンサートに出演しオーケストラアンサンブル金沢を指揮。

 2010年の1年間、カナダのトロントに滞在。Nurhan Arman(トロント王立音楽院元教授)氏に師事しSymphonia Torontoの公演でアシスタントを務める。

 桐朋学園大学在学中、ロイヤル・メトロポリタン管弦楽団でアシスタントを務める。

 作曲を鈴木英明、中村茂隆、飯塚邦彦、指揮を秋山和慶、堤俊作、湯浅勇治、Douglas Bostock、ピアノを斎木隆、瀬川靖博の各氏に師事。その他、マスタークラスでLeonid Korchmar(ロシア、マリインスキー劇場指揮者)、Dumitru Goia(ルーマニア国立ブカレスト音楽院教授)の各氏に師事。

近年、自身が指揮した室内合奏団「昴」の演奏会が神戸新聞や朝日新聞に数回取り上げられている。また2017年5月にはラジオ番組「FMみっきぃ」にも出演。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now